売り込みは、薬剤師さんのやさしさで、できています

先日、どうもカゼぎみだったので、
某ドラッグストアで、カゼ薬を買いました。

フラフラで選ぶ気力もなかったから、
薬剤師さんに、カゼ薬をお任せで選んでもらって、
お会計しようとしたら、

【一緒に栄養剤もどうですか】

って聞かれたのです。


そのときのボクはお断りしたのですが、
何割かのお客さんは、そのひと言を受けて、栄養剤を買うんじゃないでしょうか。

このひと言がなかったら、
栄養剤を買う、ことに気付きもしなかったわけで、
お客さんにとっても、ありがたいひと言です。

お店のほうとしても、
ひと言を声をかける、たったそれだけで、
いくらかの利益が上乗せされるわけで、
どちらにとっても、メリットがありますよね。


この話は、


マクドナルドで、ポテトもいかがですか、
と声をかける手法と、同じですね。

お客さまに財布を開いてもらうまでは大変ですが、
一度、財布が開くと(ココロもですね)、そこからのあと一押しは、比較的カンタンです。

(クロスセルと、言われます。)

誰でも知っている手法です。

でも、理屈では理解していても、
あなたのビジネスに応用できる余地はないでしょうか。

実際に、「ポテトもどうですか」的なひと言を、
掛けられるほうが少なくないですか。




売り込むのは、お客さまに悪いと、考えてしまう
起業家の方もいらっしゃいますが、
お客さまに利益(ベネフィット)を感じてもらえる営業であれば、
むしろ喜ばれる提案なんだという、マインドのほうがいいと思います。

お客さまも、経営者も、どちらにもうれしい提案です。


とはいっても、声をかけるタイミングが悪かったり、
ぜんぜん関連性のない商品だと、
ただの押し売りになってしまいますから、
使いどころは、お客さまの気持ちを考えてやらなくては、
逆効果になってしまいますけど。

ポテトをお薦めするときに、
おなか一杯のときに声をかけられても、ってことですね。




インターネットの商売でも、クロスセルは応用できます。

・ショッピングカート画面で、関連する商品を表示してみるとか、

・購入完了画面で、似たような商品へのリンクを案内してみるとか、

お手軽に、クロスセルは始められます。

もうすでにクロスセルを実施している方でも、
案内する商品を替えてみたり、
誘導する言葉を変更してみたり、
そんなテストの積み重ねでも、少しずつ利益の残り方が変わってきます。



当たり前、と言われてるようなマーケティング手法でも、
まだまだ自社に適用できる余地がないか、
ときどき振り返ってみてもいいかもしれないですね。




スモールビジネスの起業家を支援する、すもーる株式会社

リアルタイムに進行する起業プロセスと、起業家の頭のなかを、
合法的にのぞき見して、リスクなく、起業を疑似体験できます。

無料メルマガ講座小さな会社の売れるタネとシカケ

    【このメルマガが起業家に選ばれる5つの理由】

  • 「どこから着手すべきなのか。」、「今、何をすべきなのか。」
    あなたの頭の中のもやもやを吹き飛ばして、
    今、やるべきことが明確になります。
  • 全国どこの本屋で探しても見つからない、
    スモールビジネスの【虎の巻】が手に入ります。
  • 自称専門家の、机上の空論ではなく、
    自分たちで実践して、すでに成果があがることが
    実証されたノウハウだけを受け取れます。
  • ビジネスの完成図だけ見ても、絶対にわからない
    【起業家の思考プロセスと、立ち上げプロセス】が、
    覗き見できます。
  • やらせ一切なしで、リアルタイムに進行する
    起業プロセスを見ることで、
    何のリスクもなく、起業の疑似体験ができます。
  • メルマガの登録は、【無料】で、いつでも解除できます。
  • メルマガの見本(バックナンバー)は、こちらから見れます。
  • 読者さまからの感想メッセージは、こちらから見れます。
メルマガ特典
メールアドレス
※必須
  • 【半角】

無料の教材をお試しできます
あなたの会社の利益を3倍伸ばす、売れる仕組み
ブログメニュー