小学生の算数が分かれば、スモールビジネスは失敗しない

スモールビジネスの失敗って何でしょうか。


起業を、お金の流れだけで、単純に考えると、

・手持ちの資金がなくなるのが早いか、

・商売を継続するのに、十分な利益が確保できるのが早いか、

それだけ、だったりします。


だから、固定費を抑えて始めるスモールビジネスの起業だと、
どうにもつぶれるほうが難しい気がするのです。

参考:ヒミツの場所で起業☆

参考:資金ゼロ円で最高のインフラを手に入れた

ボクの固定費は、
サーバ代やら、税理士さんの費用とか、あわせて月4万円くらい。

大ざっぱに、月5万円の利益を生み出せれば、
とりあえず商売を継続できる計算です。

もっと削れば5000円でも、商売を継続していけます。


実家住まいじゃない人はにとっては、
自分の人件費が、一番金のかかる固定費になります。

起業家自身の、給料ですね。

東京で起業する場合でも、月20万円もあれば、
十分に暮らしていけます。


だから、月25万円の利益を稼ぐ仕組みを作ってしまうと、
もう商売がつぶれるほうが難しくなります。


もし実家に身を寄せることができるなら、頼ってもいいと思います。

スタートアップ時は、非常事態なので、
そんなときくらい家族の助けを借りてもいいじゃないですか。

食費も電気代も、一人分増えたって、大したことないですしね。
よっぽど大食いじゃない限り(笑)


欲を言うと、ひととお会いする会食とか、お茶代は営業費用みたいなもんなので、
そういうお金は躊躇しないで出せるようになりたいです。

1日に5千円ほどあれば、ランチ代、お茶代とか、交通費は足りると思うので、
月でいうと15万円くらい。


まとめると、月に利益25万円残せれば、商売がつぶれない状態になるし、

月に利益40万円残せれば、営業活動もちゃんとやれるので、
自然体でも、商売がちょとずつ大きくなっていく、という計算になります。


とにかく最初のスモールビジネスは、固定費を低くしておく設計にしておけば、
最低限継続する、生き残るというのは難しくないと思うのです。


ただ毎月毎月、新しい売上を積み上げなきゃいけないのは、
とてもしんどいですし、非効率なので、

最初に【売れる仕組み】を設計しておくことが大切です。

これがしっかりできていると、時間が経過していくごとに、
つまり商売を継続していくのと比例して、
どんどん経営が安定していくようになります。

【時間を味方につける】という発想です。


この話は、次の機会にでも。




スモールビジネスの起業家を支援する、すもーる株式会社

リアルタイムに進行する起業プロセスと、起業家の頭のなかを、
合法的にのぞき見して、リスクなく、起業を疑似体験できます。

無料メルマガ講座小さな会社の売れるタネとシカケ

    【このメルマガが起業家に選ばれる5つの理由】

  • 「どこから着手すべきなのか。」、「今、何をすべきなのか。」
    あなたの頭の中のもやもやを吹き飛ばして、
    今、やるべきことが明確になります。
  • 全国どこの本屋で探しても見つからない、
    スモールビジネスの【虎の巻】が手に入ります。
  • 自称専門家の、机上の空論ではなく、
    自分たちで実践して、すでに成果があがることが
    実証されたノウハウだけを受け取れます。
  • ビジネスの完成図だけ見ても、絶対にわからない
    【起業家の思考プロセスと、立ち上げプロセス】が、
    覗き見できます。
  • やらせ一切なしで、リアルタイムに進行する
    起業プロセスを見ることで、
    何のリスクもなく、起業の疑似体験ができます。
  • メルマガの登録は、【無料】で、いつでも解除できます。
  • メルマガの見本(バックナンバー)は、こちらから見れます。
  • 読者さまからの感想メッセージは、こちらから見れます。
メルマガ特典
メールアドレス
※必須
  • 【半角】

無料の教材をお試しできます
あなたの会社の利益を3倍伸ばす、売れる仕組み
ブログメニュー