次期ザックジャパンに選抜される方法

「ゆれる球だー!きまったー!」

「遠藤だー!変化するー!」


あのアツかったワールドカップから、もうすぐ3ヶ月ですねー

ボクは、にわかファンもいいとこなのですが(笑)


ザッケローニさんという新監督が決まって、
新しいチーム、ザックジャパンが始動するようです。


ザッケローニさん、ここに10年に一人の逸材がいるんですよ、、、


ボクが、10年に一人の選手だとして、(笑)
どうやったら、代表に呼ばれるんでしょうか。

Jリーグで活躍する?

海外で活躍する?


でも、まだどの有名チームにも所属していなかったら?

(そんなことがあるかはわからないけど(笑)


ザック、ボクはここにいるよ。


とにもかくにも、ザッケローニさんの目に留まらないと、
能力があるかどうか、
戦術と合った選手かどうか、
判断してもらえませんよね。

10年に一人のスター候補生だとしても、
荒波に向かって、必殺シュートを開発していたとしても。


これって、あなたのビジネスでも
同じことは起こっていたりしませんか。


あなたのことなんて、誰も知らない


起業したときには、
あなたのことも、あなたの会社も、誰も知りません。

能力があるのか、
自分の方向性と合うのか、以前に、
何をしている会社なのかすらも、誰も知りません。


それはそうです。

だって、あなたが外に向かって、説明していないのだから。


世界中に、あなたの必殺シュートを見せつけよう


ボクが起業を決めてから、いちばん最初に
ブログをつくって、情報発信をはじめた理由の一つが、
ボクという存在、これからつくる会社の存在を
知ってもらうため、でした。

会社のウェブサイトがあれば、
どんな事業をやってるかくらいは知ってもらえますが、
ボクがどんな能力があって、どんな志でビジネスをしているかは、
ブログという、自分のメディアで、
ちょっとずつ知ってもらったほうがいいと思ったからです。


あなたがこれから起業する、もしくは起業したて、なら、
自分メディアを持って、情報発信してみると、
そのメッセージは、世界中に届きます。

お客さんになってくれるかもしれない人だけじゃなくて、
仲間になってくれる人にも届きますし、
今のお客さんに、新たな一面を知ってもらったりするきっかけにもなります。


さあ、ザックJapanへ


うまくいく起業家とそうでない起業家の違いの一つが、
集客戦略を考えているか、どうかです。

ビジネスモデル、とか、サービスレベルのことは、
みなさん、一生懸命に考えるのですが、
集客も同じレベルで、考えてみたほうがいいようにおもうのです。

(個人的には、集客戦略がないビジネスモデルなんて、
ただの絵に描いた餅、とすら思っています)


自社メディアを持つことは、
その集客手段の一つとしても役立ちますし、
自分のこと、自分の会社を知ってもらうという、
集客より一歩深い、ブランド化にも貢献してくれます。


このブログのような情報発信メディアを持ってもいいですし、
もっとお手軽に始めるなら、無料のブログで十分です。

その無料ブログをザッケローニさんが見ていたとしたら、、、


次にあなたとお会いするのは、青のユニフォームを着てるときかもしれません(笑)




スモールビジネスの起業家を支援する、すもーる株式会社

リアルタイムに進行する起業プロセスと、起業家の頭のなかを、
合法的にのぞき見して、リスクなく、起業を疑似体験できます。

無料メルマガ講座小さな会社の売れるタネとシカケ

    【このメルマガが起業家に選ばれる5つの理由】

  • 「どこから着手すべきなのか。」、「今、何をすべきなのか。」
    あなたの頭の中のもやもやを吹き飛ばして、
    今、やるべきことが明確になります。
  • 全国どこの本屋で探しても見つからない、
    スモールビジネスの【虎の巻】が手に入ります。
  • 自称専門家の、机上の空論ではなく、
    自分たちで実践して、すでに成果があがることが
    実証されたノウハウだけを受け取れます。
  • ビジネスの完成図だけ見ても、絶対にわからない
    【起業家の思考プロセスと、立ち上げプロセス】が、
    覗き見できます。
  • やらせ一切なしで、リアルタイムに進行する
    起業プロセスを見ることで、
    何のリスクもなく、起業の疑似体験ができます。
  • メルマガの登録は、【無料】で、いつでも解除できます。
  • メルマガの見本(バックナンバー)は、こちらから見れます。
  • 読者さまからの感想メッセージは、こちらから見れます。
メルマガ特典
メールアドレス
※必須
  • 【半角】

無料の教材をお試しできます
あなたの会社の利益を3倍伸ばす、売れる仕組み
ブログメニュー