【はい】は3回にしなさい

少し前に、ドラッグストアでの

【一緒に栄養剤もどうですか】

という、あと一品買っていただくための一押し、【クロスセル】の事例をお話しました。


先日とある店舗のトンカツ屋さんでも、
かなり秀逸な、クロスセルを体験しましたよ。

お店の名前は、ヒミツですが、
ゴマをすりおろしたソースに、トンカツをつけて食べるのがウリで有名なお店です☆

分かる人には分かりますかね(笑)



トンカツの定食を注文したあと、最初に


【ゴハンは、食物繊維たっぷりで健康にいい、麦ゴハンになさいますか?】

という質問が来ます。


よっぽど麦ゴハンが嫌いじゃなければ、【はい】ですよね。
もしくは、自分の健康に気を使いたくない方なら仕方ありませんけども(笑)


ちょっと考えてみると、何がなんでも麦ゴハンがお薦めなら、

▼選択の余地がなく、麦ゴハンだけ、でもいいでしょうし、

▼【麦ゴハンになさいますか、それとも、白ゴハンになさいますか】
という聞き方でもいいはずです。

きっと、この質問の意図は、まず【はい】と言わせたいんだと思うのです。


その【はい】をお客さまに言わせたあとに、

【100円で、これまた健康にいい、とろろがお付けできますけど、いかがでしょうか?】

という、本命の質問が来ます。

きっとこの質問だけを投げかけるだけでも、
売上は上がるのでしょうが、
先ほどの、麦ゴハンの前フリがあるので、
さらに、【はい】を言う確率は上がるんでしょうね。


そして最後に、ジュースもいかがですか、
という3段目のクロスセルが飛んできます。



少し大げさかもしれませんが、このクロスセルの実践だけでも、
かなりの粗利が上乗せされているように感じます。

このトンカツ屋さんは、価格設定も高めで、
立地もいい場所に出店されてるので、
だいたいは、カップルとか、家族連れで、食べに来ます。

そんなときは、財布の紐もゆるゆるですし、
誰しもカノジョの前では、いいかっこ、したいですよね。

オレは、とろろもケチらない、いい男なんだぜ、的な(笑)


きっと最初に、麦ゴハンの質問を投げかけるかどうかは、
何回か、試してみて、つまりテストを重ねてみて、
一番、効果が出る設計に最適化したんだと思います。

この質問の流れを設計をすることも、
このクロスセルを実践することも、原価はゼロです。



今は、不況と言われる経済環境です。

業界の競合他社と同じことをしていたら、同じように低迷していきます。

そんなときこそ、まったくの異業種がやってらっしゃる成功事例を、
自分の会社にあてはめることができないか、
そんなアンテナを一本立てておきたいものですね。


ということで、今日、トンカツをガッツリ食べてしまったことを
正当化しております(笑)




スモールビジネスの起業家を支援する、すもーる株式会社

リアルタイムに進行する起業プロセスと、起業家の頭のなかを、
合法的にのぞき見して、リスクなく、起業を疑似体験できます。

無料メルマガ講座小さな会社の売れるタネとシカケ

    【このメルマガが起業家に選ばれる5つの理由】

  • 「どこから着手すべきなのか。」、「今、何をすべきなのか。」
    あなたの頭の中のもやもやを吹き飛ばして、
    今、やるべきことが明確になります。
  • 全国どこの本屋で探しても見つからない、
    スモールビジネスの【虎の巻】が手に入ります。
  • 自称専門家の、机上の空論ではなく、
    自分たちで実践して、すでに成果があがることが
    実証されたノウハウだけを受け取れます。
  • ビジネスの完成図だけ見ても、絶対にわからない
    【起業家の思考プロセスと、立ち上げプロセス】が、
    覗き見できます。
  • やらせ一切なしで、リアルタイムに進行する
    起業プロセスを見ることで、
    何のリスクもなく、起業の疑似体験ができます。
  • メルマガの登録は、【無料】で、いつでも解除できます。
  • メルマガの見本(バックナンバー)は、こちらから見れます。
  • 読者さまからの感想メッセージは、こちらから見れます。
メルマガ特典
メールアドレス
※必須
  • 【半角】

無料の教材をお試しできます
あなたの会社の利益を3倍伸ばす、売れる仕組み
ブログメニュー